Cosmetics FaQ

お肌のお悩み

美容に関するお役立ち情報をご覧いただけます。

Q敏感肌のケア方法

A日頃のケアを怠らないようにしましょう。

敏感肌とは、
強い洗剤や化粧品を使った時に肌が荒れたり、赤みが出たり、衣類が原因でピリピリしたりするなど普通の人より反応しやすい肌のことを敏感肌といいます。
敏感肌対策として、ヒアルロン酸やセラミドなど、保湿成分が配合されている化粧水や入浴剤を使うなどをして肌をケアしていく事が大事です。
また、敏感肌は、紫外線などにも反応するということで、紫外線からの予防方法は、帽子を被るなど陽を避けることを心がけ敏感肌対策をとるなどをし日頃からケアをしていき敏感肌を予防していきましょう。

メルマガ会員ご登録はこちら


Qニキビ予防

AビタミンBをとるように心がけましょう。

毎日のバランスの取れた食事をとるように心がけ、
皮膚の炎症を抑えるビタミンB2、B6(レバー、ウナギ、ワカメなど)や水分を1日1.5ℓ~2ℓ取るようにしましょう。

メルマガ会員ご登録はこちら


Q大人ニキビのお悩み

A食生活を変えましょう。

まずは、バランスのよい食生活を実践しましょう。肉や魚よりも野菜を多めにとるよう心がけてみてください。
そして大豆製品を食べてニキビ予防。大豆には美容ビタミンと呼ばれるビタミンB2が含まれており、ニキビ予防に重要です。
他に、お茶はハーブティーに変えてみましょう。ハーブが美容や健康によいのは皆さんもご存知だと思いますが、実はニキビにもハーブティーは効果を発揮します。ローズヒップはビタミンCがレモンの9倍もあり、大人ニキビに効きます。

メルマガ会員ご登録はこちら


Q毛穴のお手入れ

Aしっかり毛穴掃除をしましょう。

毛穴の掃除は「毛穴を開く⇒洗顔⇒毛穴を閉じる」こういった流れでお肌を綺麗に整えます。
まず毛穴を開くにはホットタオルをお肌に当て暖めます。その後に洗顔です。
洗浄力の強くない洗顔料を使うのがお勧めです。洗顔料を手にとってあわ立ててから使ってください。
最後に毛穴を閉じます。冷水などで冷やして開いている毛穴を閉じて雑菌などを入れないようしましょう。

メルマガ会員ご登録はこちら


Q入浴剤の使用

A肌にうるおいを与え、敏感肌を予防します。

敏感肌になってしまうととにかく刺激を避けてしまいますが、そんな時に助けになってくれるものの一つに入浴剤があります。
特に敏感肌対策や乾燥肌向けの商品も数多くあります。これらの入浴剤にはセラミドやうるおい成分などの保湿成分が含まれています。
敏感肌の場合はお風呂に長く浸かると角層からのセラミドの流出も心配されるため、スキンケアにいいからと長湯は禁物です。

メルマガ会員ご登録はこちら


Q乾燥対策

A日常的にこまめなケアを。

乾燥を放置したまま、自然と治ることは期待できません。そこで生活スタイルを変えたり、スキンケアを取り入れることが大切になってきます。
暖房機を使う際は加湿器を併用したり、服は締め付け感のない天然素材を選んだり・・・といったこまめなケアを日常的に取り入れていくことが大切です。
インナーケアとしては、特に乾燥に効果的なビタミンAに含まれている、卵、ニンジン、かぼちゃ、海藻などを意識して摂取しましょう。

メルマガ会員ご登録はこちら


Qストレッチでたるみを改善

表情筋のストレッチを行って、表情筋を鍛え、たるみやしわを防止しましょう。
また、ストレッチによって顔中の表情筋を動かすことで、表情が豊かになったり、顔が引き締まります。
口を上下左右に動かし、目を上下左右に動かして顔中をよくほぐします。
血流が良くなり筋肉にも刺激になることで、しわ・たるみの予防と改善に効果があります。むくみもとれて、小顔効果もあります。ご自宅でできるので気楽に行えます。

メルマガ会員ご登録はこちら


Qお肌の乾燥対策

A乳液やクリームでしっかりとケアしましょう。

健康な肌は内部の水分が充実しており、表面も水分と油分のバランスが整っているのでなめらかです。
老化や気温差、紫外線などの外的ダメージを受け、水分が奪われてしまいます。
また、ターンオーバーの乱れから肌を守るバリア機能が崩れさらに乾燥は進んでいきます。
潤いは残しつつ、きちんと古い角質を取り除き清潔なお肌にしましょう。その上から化粧水などで水分を与えるのはもちろん、乳液やクリームでしっかりと蓋をしてあげましょう。

メルマガ会員ご登録はこちら


Qエイジング

A保湿ケアは怠らないようにしましょう。

直訳すると加齢という意味で、一般的にはエイジングケアという言葉が主流になっています。
老化の主な原因ですが、基本的には光老化と乾燥です。1年中紫外線対策は万全にすることと、保湿ケアは怠らないようにしましょう。

メルマガ会員ご登録はこちら


Qしわやたるみのケア

肌を支えているコラーゲンやエラスチンは紫外線、加齢、摩擦、活性酸素の発生などにより、ダメージを受けてしまいます。
一度破壊された繊維芽細胞は取り戻すのが中々難しいと言われています。
現在の美容業界では、ヒアルロン酸で膨らませる方法や、ボトックスを入れてしわを伸ばす方法、金の糸、レーザー治療、光治療など、様々なアンチエイジング方法が増えています。

メルマガ会員ご登録はこちら


Qニキビケア

A毎日の正しい洗顔を

一般的にニキビが出来る原因として、皮脂の過剰分泌が言われていますが、それだけではありません。食生活やストレス、ホルモンバランスの乱れや皮脂の取り過ぎも、ニキビが治りにくくなる原因です。

皮脂を取り過ぎてしまうと肌を守ろうとして逆に皮脂を出そうとするため、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビが増えるわけです。

脂性肌の人も乾燥肌の人も、皮脂と水分のバランスが崩れ、バリア機能が低下していると出来やすくなります。

汚れをきちんと落としながら、必要以上に皮脂を取り過ぎないような洗顔を心がけましょう。

メルマガ会員ご登録はこちら


Qくすみ解消法

A血行、角質のケアが大切です。

くすみは肌の表面に古い角質が何重にも重なっている現象で起こります。
肌が健康であれば28日周期(ターンオーバー)で角質は剥がれていくものですが、血行不良や生活環境の変化によるストレスで乱れてしまいます。
血行をよくし、溜まってしまった古い角質のケアをしていきましょう。

メルマガ会員ご登録はこちら


Q毛穴のお悩み

A毛穴の悩みには2種類あります。

毛穴の悩みには2種類あり、いわゆるポツポツ毛穴と開いた毛穴です。
原因はそれぞれで、ポツポツ毛穴は皮脂が毛穴に溜まり、隆起している状態です。
そこが酸化し、黒い毛穴になってしまうのです。
開いた毛穴は主に肌のたるみが原因です。コラーゲンやエラスチンが不足し、肌を支えることが出来なくなるので、毛穴が開いてきてしまいます。
また、水分が不足していると肌全体にハリがなくなり、開き毛穴になります。
毛穴の汚れは力づくではとれません。優しく汚れを浮かし、丁寧に洗ってあげましょう。
水分をしっかり補給し、キメのあるキュッと引き締まった毛穴ケアをしていきましょう。

メルマガ会員ご登録はこちら


Q敏感肌のケア方法

A少しの刺激でも肌トラブルを起こしやすい肌の事をいいます

極端に角質内の水分量やセラミドが不足し、肌表面の皮脂膜が不十分でバリア機能が低下しているので、外的ダメージを受けやすくなってしまうのです。
きっかけとして、クレンジングや洗顔の際に擦りすぎてしまったり、化学成分の強い化粧品を使用している事が考えられます。
肌に刺激を与えずに、なるべくナチュラルな化粧品を使う事が大切です。

メルマガ会員ご登録はこちら


Qシミ・そばかすのお手入れ方法

A日々のお手入れが大切です。

シミやそばかすのもとになるのは、メラノサイトという細胞が生み出すメラニン色素ですが、紫外線だけではなく、摩擦、排気ガスや煙草の煙などの様々な外的ダメージを受け、長い時間をかけて肌の角質層に蓄積されていきます。
発生してすぐにあらわれる訳ではなく、ある日突然、何の前触れもなしにシミ・そばかすとなってあらわれるのです。
日々のお手入れとして、最低でもSPF25+の日焼け止めを塗り、紫外線からお肌を守りましょう。
また、クレンジングや洗顔は優しく、摩擦を与えないことも重要です。
美容整形やエステでは、ケースによりフォトフェイシャルやレーザー治療、ピーリングなどで治療します。

メルマガ会員ご登録はこちら


お肌のお悩み の関連商品 オンラインショップへ

102191674_o1-1
アクティブスパ

50,000円(税抜)

ナノアクティブ
ナノアクティブ

33,143円(税抜)

美肌ソニック
美肌ソニック

3,800円(税抜)

VCプラエッセンス
VCプラエッセンス

3,500円(税抜)

うるつや酵素
うるつや酵素

12,000円(税抜)

Quick!指エステ
Quick!指エステ

7,600円(税抜)

ゾーガンキン
ゾーガンキン

28,381円(税抜)

TARUMI SHAPER 4D
タルミシェイパー4D

5,000円(税抜)

会社イメージ|クルールラボ
ロゴ|クルールラボ

クルールラボ株式会社

〒104-0061

東京都中央区銀座3-13-19東銀座313ビル6階

[ 営業時間 ] 平日9:30~18:30
TEL:03-5550-7181
FAX:03-5550-5051