Beauty glossary

お肌のお悩み

美容に関係する言葉の説明をご覧いただけます。

Q銅ペプチド

肌の新陳代謝を促し、健康な肌をつくる効果があります。
他にも、肌を引き締めて老化肌を防ぎます。
また、ニキビによってできた肌の凸凹の痕を改善する効果もあります。

Q褐藻エキス

ヒアルロン酸と同じくらいの保湿の効果や、血の巡りを良好にする働きをもっています。
肌を柔らかくし、整えていく成分として注目されています。

Qスクワラン

皮膚呼吸を活発化させ、肌の新陳代謝を良くする働きがあります。
また、殺菌や抗菌の作用もあるため、ニキビができるのを防ぐ効果があります。
私たちの肌にも含まれている成分ですので、刺激があまりありません。
このように、健やかな肌をつくっていきます。

Qブナエキス

ブナの木から抽出されるエキスのことです。
収れんや消炎の効果があり、肌を引き締めます。
肌のきめを細やかにし整える目的で、しわや老化の対策用の化粧品として使用されています。

Qビワ葉エキス

ビワの葉から抽出したエキスです。
抗菌や収れんの効果があるため、あせもやニキビを防ぎます。
また、肌荒れを防ぎ、引き締まった健康な肌に整えます。

Qシソエキス

和製ハーブのエキスのことです。
収れんや消炎の効果があり、乾燥から肌を守ります。
また、抗アレルギーの作用もありますので、敏感肌やアトピーの方に有効です。

Qチャエキス

緑茶に含まれる成分のことです。
収れんや美白の効果があります。
洗顔料として使用すると、さっぱりとした使用感が得られ、ニキビや毛穴のケアとして有効です。

Qホホバ油

古くから皮膚の保護や火傷の治療薬として使われています。
水分を保持するので、保湿の効果があります。
肌に塗ってもベタつかずさらっとした感触になります。
原料をそのまま使える美容オイルです。

Qカミツレエキス

非常に強い消炎効果があります。
乾燥によって引き起こされる、肌荒れやニキビを防ぐのに効果的です。
また、メラニンの生成を抑制する効果もありますので、日焼けした後の肌にも有効です。

Qハマメリス

ヨーロッパでは民間薬として古くから親しまれています。
収れんや消炎の効果があり、肌を整えます。ニキビ用の化粧品として使われます。
また、老化の原因ともなる活性酸素を抑制し、アンチエイジングの効果も得られます。

Qハマメリス

民間薬として、古くから親しまれています。
にき収れんや消炎の効果があり、肌を整え引き締めます。
また、老化の原因になる活性酸素を抑制し、アンチエイジングとしての効果もあります。

Qダイズ発酵エキス

女性ホルモンであるイソフラボンを含む成分です。
水分を長時間保持でき、乾燥から肌を守ります。
また、老化を防ぎ若返りを目指す、アンチエイジングとしての効果もあります。

Qダイズタンパク

保湿効果に大変優れています。
乾燥から肌を守り、ハリやつやを与えます。
乳液やクリームに使われます。

Qローズウォーター

バラの花から得られる香り豊かなの水のことです。
保湿の効果が高く、肌に潤いを与えます。
他にも、血行を促進させ、消炎の効果もあります。
また、収れん作用もあるので、敏感肌や乾燥肌、老化肌などあらゆる肌タイプに対応していると言われています。

Qトコフェロール

脂質に対する抗酸化作用がある脂溶性の天然ビタミンEです。
活性酸素を抑え、過酸化脂質の発生を防ぐため、肌の老化防止用の化粧品に配合され、くすみ対策用の化粧品にも頻繁に使われます。
また、血行を良くし、新陳代謝を活発にさせる働きがあります。

Qレチノール

配合化粧品として使用することによって、しわやたるみを解消し、肌に弾力やハリを与えます。
紫外線からの刺激を抑制する効果もあります。
このように、老化を防ぎ若返りを目指すアンチエイジング効果にてきめんです。

Qミネラル

ミネラルの中には、セレンという物質があります。
このセレンは、老化の原因となる活性酸素を除去する働きがあり、しみやそばかすを防ぐなどアンチエイジングとしての効果もあります。

Qプルラン

グルコースというブドウ糖が規則正しくつながった状態の成分です。
湿度に関係なく水に溶けやすく、保湿効果としても優れています。
水分の蒸発を防ぎ、しなやかできめ細かい肌に整えます。

Qフラーレン

しみやそばかすの原因となるメラニンが生成されるのを抑制し、美白効果もあります。
また、老化の原因となる活性酸素をスポンジのように吸収してくれる働きもありますので、幅広く効果のある美容成分です。

Qセラミド

保湿成分がありますので、角質の水分を保ち、肌にうるおいをもたらします。
バリア機能の低下を抑制し、乾燥肌や敏感肌を防ぎます。

Qコウジ酸

米糀に含まれている、シミやそばかすを防ぐ成分です。
メラニンの生成を抑制する働きがあり、また、メラニンに直接働きかけ、できてしまったメラニン色素を白くする効果もあります。

Qアラントイン

アレルギーの反応が起きにくく、ハンドクリームや敏感肌用の化粧品に使われます。
また、ニキビや肌荒れの改善をする消炎効果もあります。

Qナイアシンアミド

ビタミンB群であるナイアシンの誘導体であり、健康な肌を保つために必要な成分です。
血行を良くして細胞を活性化する働きがあり、くすみを改善する効果もあります。
乳液や美容液、クリームに使われます。

Qアルブチン

日焼けによるシミやそばかすを防ぎ、美白効果が得られます。
メラニン色素の合成に関わる酵素であるチロシナーゼの働きを阻害するため、メラニン色素自体の生成を抑えます。
美白用の化粧水・乳液・クリーム類・美容液に使用されています。

Qアトピー性皮膚炎

乾燥肌=アトピー性皮膚炎ではありません。
でも乾燥状態は良くない状態なので、しっかりとしたケアが必要です。
保湿作用があり刺激になりにくい軟膏やクリームを使うことによって改善させていくことができます。

Q老人性乾燥肌

肌が乾燥する理由のひとつに、「加齢」があります。
誰しも年齢を重ねるにつれて皮膚の発汗や皮脂の分泌機能が衰えてきます。
それが原因で肌(皮膚)が乾燥しやすくなるのです。

Qほうれい線

加齢によって、鼻脇から口下にのびる皺のことです。
この皺の深さが年齢を大きく左右してしまいます。
個人差がありますが、ほうれい線を解消する
マッサージ法やツボがあります。
表情筋を動かすことが大切です。

Q脂性敏感肌

脂性敏感肌とは、肌がうるおってトラブルがなさそうな肌に見えますが、皮脂が多いことで肌トラブルをおこし、敏感な肌になっている状態のことを言います。
脂性が多いのにも関わらず、洗顔不足で皮脂が落とされていないと、毛穴が詰まりニキビが発生することもあります。
脂性敏感肌に必要なお手入れは、丁寧な保湿です。オイルカット・オイルフリーの化粧水や乳液を使用しましょう。

Qかぶれ

化粧かぶれは敏感肌・乾燥肌・等で アレルギー肌なのが原因です。
化粧品の内容の成分でもかぶれたりします。かぶれた部分への刺激、接触は絶対にやめましょう。
大事なのはこれ以上かぶれを悪化させないように、皮膚を安静に保ち、刺激から守ってあげることです。
肌に優しく自分に合ったスキンケアをしましょう。

Qクマ

目のまわりにクマができるのは睡眠不足と血行不良が原因です。
クマには、青グマ、茶グマ、黒グマの三種類があります。
改善法は、蒸しタオルケアや、
マッサージケアなどが効果的です。

Q皮脂毛穴

皮脂毛穴は、鼻、あご、などの部分に目立つ毛穴です。これは過剰な皮脂が原因。
肌の汚れや古い角質が皮脂とまざって毛穴が詰まります。これが時間の経過とともに酸化すると黒ずみなどの原因になってしまいます。
クレンジングや洗顔、角質ケアを丁寧に行い、肌に負担をかけないようしましょう。

Q毛穴のくすみ

毛穴のくすみの一番の原因は紫外線です。
化粧の汚れや、乾燥で表面の古い角質が割れてくすみの原因となります。
くすみで気を付けるポイントは肌に優しい洗顔剤を使用することです。泡の力が汚れを吸着して潤い成分は、残してくれますから細かい泡をシッカリ作り洗顔を行って下さい。

Q赤み

まず、「赤さ」の正体は「血液」です。血液が表皮を通して赤く見えるのが「赤み」です。 そして真皮内の血流は表皮を通して見えます。毛細血管が集中しているため火照りやすく、赤さが目立つ部位なのです。 食べ物は野菜中心に肉も魚もバランスよくとり、正しいスキンケア方法を行いましょう。

Qニキビ痕

ニキビ跡として残ってしまう理由。その根本の原因は触ることにあります。 ニキビを直接手で触ったりすると、皮膚の表面に存在している常在菌に感染して皮膚が炎症を起こしてしまいます。油っぽいものや、糖分を取りすぎると背中ニキビなどの原因にもなります。

Qそばかす

そばかすは、遺伝によって出来ることが多いとされています。 ホルモンのバランスが崩れることで出来ます。ホルモンのバランスが崩れるとメラニン色素が皮膚煮沈着してしまい、それが原因でそばかすにもなります。

Q毛穴

顔だけでも約20万個はあると言われています。
ポツポツ黒ずみ毛穴は古い角質が毛穴の出口につまり、そこが酸化すると黒く見えてしまいます。
また、老化によるたるみから、通常より目立った開いた毛穴になります。

Q敏感肌

肌が乾燥していると角質内にある細胞間脂質が減り、バリア機能が低下します。
こうなると外的刺激が入りやすくなり、小さな刺激でも反応し、肌が敏感になっている状態です。
いつも使っていた洗顔料や化粧品がしみるようになったり、髪の毛がふれるだけでかゆみが出たり、様々な肌トラブルに繋がります。

Q乾燥肌

様々な原因から水分が失われ、肌を守るバリア機能が低下していることをいいます。肌触りはカサカサ・ゴワゴワ。また、水分不足からちりめんジワが目立つこともあります。

Qくすみ

くすみとは、肌荒れ、色ムラ、透明感がない、肌の血行がよくない黒ずんだ状態などのことをいいます。
原因として、化粧残り、皮脂の酸化、加齢などによりターンオーバーが乱れることにあります。

Q大人ニキビ

俗にいう吹き出物。皮脂の分泌過剰による10代のニキビとは違い、ストレスやホルモンバランスを崩すことなどが原因です。

Q黒ニキビ

毛穴がアカなどで詰まってしまったあと、皮脂が溜まり、この皮脂に汚れなどが溜まって黒ずんでしまい、毛穴が開いたところに見える状態をいいます。 脂性肌で新陳代謝が活発な人にできやすくなります。 洗顔や毛穴ケアで跡を残さず治すことができます。

Q白ニキビ

毛穴が閉じている状態で余分な脂肪が外に出る事が出来ず、ポツポツと膨らんだ状態の事。固い芯のあるものもある。ターンオーバーの乱れや、きちんと洗顔ができていないことで、肌に古い角質が溜まっている事が原因とされています。

Q赤ニキビ

ニキビの症状の一つで、皮脂の詰まった部分の周辺が炎症を起こしたもの。 一般にニキビ、といわれるような赤いものが赤ニキビです。

Qニキビ

皮脂が皮膚の表面にでる時に、毛穴の出口で詰まり、溜まって炎症を起こしてしまうことが原因です。

Q皮脂

毛穴の奥にある皮脂腺から分泌される油のこと。分泌が過剰になると脂性肌となり、ニキビや吹き出物の原因となります。

Qしわ、たるみ

コラーゲンやエラスチンが、加齢により減少したり変性することで肌の弾力が失われ、皮膚を支えきれなくなり、深いしわやたるみとなります。紫外線によるダメージや、乾燥による角質層の水分不足、ストレスや喫煙になどによる活性酸素の発生、女性ホルモンの減少、加齢など、さまざまな原因が考えられます。

Qしみ

皮膚を紫外線から守る役割をするメラニン色素が過剰に増え、色素沈着したものがしみやそばかすです。形や大きさはさまざまで、思春期などに出るそばかす、中年以降に出る老人性色素斑、扁平に盛り上がった脂漏性角化症、30~40歳代の女性にみられる肝斑、ケガや火傷による炎症後色素斑などがあります。

会社イメージ|クルールラボ
ロゴ|クルールラボ

クルールラボ株式会社

〒104-0061

東京都中央区銀座3-13-19東銀座313ビル6階

[ 営業時間 ] 平日9:30~18:30
TEL:03-5550-7181
FAX:03-5550-5051